2005年05月05日

私を買物に連れてって

買物をする人を観察することほど、アフィリエイトの勉強になることはない。友達に誘われたら、興味のない買物でも迷わずついていこう。


たまたま妹が服を見に行くというのでついていった。妹は3年ほど服の販売をしていたので、どのような選び方をするのか見たかったのだ。

素人が知らない特殊な選び方をするかもと観察していたのだけれど、なんてことはない普通の選び方であった。

1.気に入ったデザインの服を探す。
2.手にとって素材感を確認する。
3.タグで値段と素材を再確認する。

数件のお店を見て周り、最後に気に入った商品を購入する。
何回か、「これ、どう?」と聞かれた。

これだけである。

勘のいい人は、WEBで商品を探す手順と似ていると気付いたはず。「当たり前だ、同じ買物なんだから」と言ってしまえばそれまでだけれど、逆にいえばこういう行動ができないと服は買えないわけだ。

つまり、必要としている情報をちゃんと提示してあげないと買う気があっても素通りなんてことになりかねない。こうやって文章に書いてみると、販売するために何が必要なのかが自然と見えてくる。

机の上で何が必要なのかは考えられるし、きっと似たような答えになるのかもしれない。でも、頭で考えただけのことと、体験(今回は人を通して)で得た答えでは、明らかに自分の中に残るものが違ってくる。どんな情報が重要なのか体験を通して知ることで、上手な販売ページが作れるようになるはず。

ということで、買物に誘われたら迷わずついていきましょう。


※お店の店員さんの売り込みも勉強になります。恐れず、どんどん売り込まれてください。
posted by えびす at 02:49| Comment(3) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

買うと買わないの境界線

いろいろな買い方というのがあります。
そのなかでも「誰かの紹介で買う」についてイメージしてみましょう。

まず、自分の中で次の条件にあたる人を思い浮かべてみます。賢い人はこれをノートに書き込んで考えをまとめます。コレ重要。

1.好きな人、利害関係なしに友達として付き合いたい人
2.嫌いな人、できることなら会いたくもないし話したくもない人

次に、自分が今、欲しいもの・探しているものを思い浮かべます。

Q:
好きな人が、その欲しいものをたまたま持っていました。「使わないから買ってくれる?新品だよ」と言ってくれました。あなたはどうしますか?

Q:
嫌いな人が、その欲しいものをたまたま持っていました。「使わないから買ってくれる?新品だよ」と言ってくれました。あなたはどうしますか?

続けて、買わないけども少し気になるモノでもイメージしてみます。まったく必要ないモノでもイメージしてみます。


とてもシンプルです。もし自分のサイトやブログで商品を記事で紹介して販売しているなら、これから何をしていけばいいかイメージできるはずです。

もし、ちゃんとノートにこれを書いたならば、その1ページはどんな高額な教材よりも価値あるものになりえます。自分でイメージして実感してから行動する。どんな商売でも同じことです。

-----

実はこれだけでは、役にたちません。上のことをイメージして、さらに何をイメージすればいいかを考えられる人が成功します。

このお話は、また別の機会に。
posted by えびす at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

楽天とTSUTAYAのポイント相互交換

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/10/28/5177.html

------------------------------------------

楽天とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、楽天の「楽天スーパーポイント」とCCCがフランチャイズ展開するTSUTAYAの「ティーポイント」の相互交換を11月1日から開始すると発表した。

------------------------------------------


「TUTAYAのポイントと交換できます!」というコピーは、楽天ユーザーとしても魅力的だし、アフィリエイトする人にとってもグッドニュースではないだろうか。


続きを読む
posted by えびす at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

広告は不必要なもの?

どんなタイプのサイトでも、サイトデザインの基本はいっしょです。

読みやすいこと。

不必要なものが無いこと。

探せば欲しい情報が見つかること。


この3つです。上の3つから外れないようにデザインすると、間違いなく利用しやすいサイトが出来上がります。

さて、ここからが本題です。

続きを読む
posted by えびす at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

ブログとSEO

「自分でサイトを作るのと、ブログで作るのとでは、どちらがSEOに効果がある?」と、聞かれたならば、ほとんどの人が「ブログ」と答えます。

※SEO = 検索エンジン対策のこと

注意したいのは「ブログならSEOも完璧」という意味ではないことです。

例えばの話、次の二人が同じキーワードの上位表示を狙った場合

・SEOを知らない人がブログでサイトを作る
・SEOを研究している人がHTMLでサイトを作る

上手く上位表示されるのは、もちろん後者です。

では、なぜ「ブログはSEOの効果が高い」かと言うと、記事内容を書き込んだ後はプログラムが自動的にページを作ってくれるからです。もう少し詳しく書くと、忘れずに正しい方法でリンクを各ページにしてくれるから。これがとても大きいのですね。

よく言われるSEOの手法は次のようなものです。

・サイト名に主要キーワードを入れる
・キーワードを含むページ名にする
・各ページへのリンク文字をページ名にする
・ページ内のキーワードの位置を考える
・キーワードの出現比率を考える

この中の3つ目:各ページへのリンク文字をページ名にする はブログだと自動的にしてくれますから、何も知らずにHTMLでサイトを作るより効果的というわけです。HTMLやCSSを使って作る場合は、手間の問題から各ページへのリンク作業がおろそかになることもありますから、この点だけでもブログはSEOの効果が高いというわけです。

ブログと言っても、レンタルで少しカスタマイズできるものから、設置する手間はかかってもフルカスタマイズできるMovable Typeまで、いろいろありますが、基本的なSEOの知識は持っておいて損はありません。

SEOの知識は、今では検索すれば山ほど出てきますが、中には古くなっている情報もありますし、具体的な例はありませんので、最後は自分で試すしかありません。テストページをいくつか作り、記録を毎週とっていけば、なんとなくコツはわかってきます。

ただ、人気キーワードの上位表示は、セミプロ級の人がわんさかいらっしゃいますので、かなり熾烈な戦いになっています。ちょっと勉強したぐらいでは、太刀打ちできませんから、向いてないと感じた人は深追いしないほうがいいかもしれません。

今からSEOについて勉強する人には、ネットで調べるのではなくて、関連本を買うことをお勧めします。購入の際は、発効日に注意して新しいものを選ぶようにしてください。

ちなみにSeesaaは細かいカスタマイズが出来ない部分がありますので、本気でSEOをしようとするとMovable Typeを自分で設置となりそうです。そのうち引っ越しちゃうかも。

SEOはページを見てもらうための手段のひとつにすぎません。必要以上に時間を割くよりは、他のアクセスアップ方法を考えたり、内容の充実させるという選択肢があることを覚えておきましょう。


今回のまとめ
・ブログはSEOに向いている
・真面目に取り組むならテンプレートのカスタマイズは必要
・これから勉強する人は関連本からスタート
・SEOに時間を使わないという選択肢もある
posted by えびす at 11:24| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

先読みも必要

長い人なら、もう7年以上はサイトを運営してきたという人もいるかもしれません。サイトを立ち上げて順調に収入も入ってきだすと「このサイトは、あと何年もつだろうか」と、よく考えるようになります。

この感覚(不安?)は、サイトのジャンルによって違ってくるのかもしれませんが、50年たっても同じ内容・仕組みで、今と同じ収入が得られるかといえば難しい話です。

50年といわず、5年後だったらどうでしょう?それでも先は読めません。そもそも扱ってるジャンルの人気が下がってしまったら、自然とアクセス数も減っていくはずです。もちろん逆に上がることもありますけども。

少し収入が安定してきたら「1年後、5年後、10年後のことを考えておこう」というのが今回の内容。

簡単なところで
・ジャンルの人気は上がるか下がるか
・広告の報酬額は上がるか下がるか

逆に先を見越して新しいサイトを立ち上げるなら
・ジャンルの人気は上がるだろう
・広告の報酬は下がらないだろう

というサイトを作ればいいわけです。さすがに10年後は読めなくても、1年先ぐらいなら読めそうではありませんか?予想すること自体が難しいですが、考えないよりは考えておいたほうが得策というものです。

どちらにせよ、同ジャンルの新しいサイトがどんどん生まれてくるのは確実です。後発のサイトでも徐々に育って数が増えれば、分け前は減っていくものです。兄弟が増えればケーキカットの数が増えるのといっしょですね。もっと大きなケーキを買ってくれば解決しそうですが、それにも限界があることを忘れてはいけません。

※ケーキを食べるのではなくて、別のケーキを作りだすという手もあります。

最近、アフィリエイトやサイト作りを始めた人が、この話を聞くと将来性がないように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。元気いっぱい頑張ってください。

まずは自分の得意分野で一つサイトを育てる。少し安定してきたら、先読みして方向性を決める。これが大事です。


というメールを3年前の自分へ送りたい(wを5個ぐらいつけたい気分)

---------------------------------------

昨日から参加したblogランキングですが、参加してる人はコメントを工夫して頑張ってる人が多いですね。ちょっと感心してしまいました。

posted by えびす at 01:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

ジャンルとテーマと切り口と2

前回
映画DVDの販売サイトの場合は、どんなテーマが思い浮かぶでしょうか?
という投げやりな終わり方でしたが、今日はその続きです。

映画DVDの販売サイトを例にして話をすすめます。

ジャンル: 映画DVDの販売サイト
テーマ: ???

さて、テーマは何にしましょうか?例えばの話こんな感じで考えてみましょう。

大テーマ:映画ファンに「観たい!」と思わせる、映画の楽しみ方を提案できないだろうか?

ある程度具体的な目標を含んだ内容で最後を「問いかけ」で終わらせるのがコツです。大テーマとなっていますが、これはサイトの全コンテンツに共通するテーマのこと。

なぜ「問いかけ」で終わっているかというと、これに答えることで小テーマを考えることができるから。

大テーマが「映画の楽しみ方を提案できないか?」ですから、その答えを考えてきます。例えばこんな感じ。

・日ごろのストレスを2時間で解消する映画を紹介したらどうだろう?
・親子で楽しみたい名作映画DVDを紹介したらどうだろう?
・彼女(彼氏)と良い雰囲気になれる映画を紹介するしたらどうだろう?
・読者からのレビューを募集してランキングで映画を紹介したらどうだろう?

こうやって自問自答しながら小テーマを決めてコンテンツを作っていけば、全て大テーマに沿った内容になりますので、サイト全体を通して統一感が自然に出てきます。

複数人でサイトを作っている場合はお互いに相談できるのですが、一人で作り上げる場合は相談する人がいませんから特に効果があります。テーマを決めながら自分会議をするわけですね。

ポイントは頭の中で考えず、言葉にしていくこと。できることならメモ用紙に実際に書くことをお勧めします。とても楽しい作業です。メモ用紙に書いた大テーマと小テーマに満足できたら、親しい知り合いに見てもらいましょう。4・5人に聞いてみるだけで、小テーマがどんどん増えていったりします。

--------------------------------------

ちょっと話は変わりますが、こういう話を相談する場合は人を選びましょう。いろいろな反応を示す人がいますが、意識して次のような人にお願いするようにしています。

・反対意見を言ってくれる人、忠告してくれる人
・いっしょに考えてくれる人、アイデアを出してくれる人
・がんばれと元気付けてくれる人

--------------------------------------

次回、切り口の考え方に続きます。
posted by えびす at 00:58| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

商材の選び方:商品ページを確認する

先日、商材の選び方という記事を書きましたけども、ひとつ大事なことを付け足しておきます。

同じ商材(似たようなサービス)を扱うマーチャントが複数あったらならば、アフィリエイトリンクでジャンプする先のページを良く見比べるようにしましょう。

商品写真、アピールポイント、商品詳細などなど必要な情報がかいてあるか、買いたくなるような雰囲気になっているかチェックしておくのです。

実際に自分で買い物するとわかりますが、自分の知りたい情報が商品ページに書かかれていないと「さようなら」となることが多いですから、チェックしておいて損はありません。

この商品は売れる!とビビっときているのに、商品ページがイマイチだなと感じたら、商品ページのテキスト追加をマーチャントに提案してみます。前にも少し書きましたけども、提案する際は細心の注意を払ってメールを書いてください。

マーチャントにも、できること・できないことがありますし、普通はメールだけでは伝わらないことが多いですから、できるだけ具体的に変更提案や理由を書いてお願いしてみます。特に売上が上がっていない状態だと、提案する私達の立場はひじょ〜に弱いということも忘れずに。

こういうビジネスメール的なやりとりは最初は難しいものですけども、それ自体が自分のスキルになりますので、上を目指す人は経験しておいて損はありません。また機会があったら体験談も書いていきたいとおもいます。失敗談が多いですけども(笑
posted by えびす at 00:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

ジャンルとテーマと切り口と1

サイト作り・アクセスアップの秘訣は、しっかりテーマを考えるというのは、よく聞く話。

ここだけの話、サイト名とテーマだけでサイトが大きく育つこともありますので、何回かに分けてテーマの考え方についてまとめていきます。

最初に質問です。あなたのサイトのテーマは何ですか?

例えば私がここで「アフィリエイトのサイト」と答えたら、これはテーマの意味を勘違いしています。「アフィリエイトのサイト」はテーマではなくジャンルです。

同じように「保険の紹介です」「派遣の紹介です」「ギター講座です」などもジャンルであってテーマではありません。

ここでいうテーマというのは、運営しているサイトを通して達成したい課題のようなものだと考えてください。

映画DVDの販売サイトの場合は、どんなテーマが思い浮かぶでしょうか?あえて例はあげませんし、正しい答えがあるわけでもないですから、ちょっと考えてみてください。

次回へ続くはず。
posted by えびす at 20:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

秋・冬商材を探そう

ここ2・3日で急に涼しくなってきましたけども、秋・冬商材の準備はすすんでいますか?今日は、商材の選び方の話。

■「我慢できない!」を探す

季節物に限らず販売しやすい商材といえば、我慢できないことを解決してくれるアイテムです。大げさに言えば苦痛を和らげてくれるアイテム。よく言われる悩み解決商材は売れやすいといっしょのことです。


■商材の探し方

秋・冬物商材といっても山ほどありますが、「上の我慢できない!」という場面をイメージして商材のヒントを探します。そんなことをしなくても、寒くなってくれば各マーチャントが手持ちの冬商材をオファーしてくれますが、受身にならずに自分で考えておくと、後々販売しやすいものです。

・去年のことを思い出す

自分の体験ほど貴重なものはありません。「○○はこうだったけども、○○は良かったのでそっちを選んだ」という内容が書けるアイテムはないか考えてみましょう。些細な体験でも、人によっては新鮮に感じることもあります。

・周りの人の行動を観察する

少し涼しくなるだけで「涼しくなってきたね、○○を準備しなくちゃ」という声が聞こえてくるはず。そういう声を見逃してはいけません。自分が思いもつかない秋・冬必須のアイテムが見つかったりします。声にださずとも、人それぞれ季節ごとに使うアイテムがあったりしますので、何気ない雑談の中にヒントがあるかもしれません。

・組み合わせて販売する

必ず使う消耗品は、近くのお店で手に入るものですから、ネット経由で買う人は多くないように感じます。それでも例外はあって、1・2ヶ月分のまとめ買いで安くなる場合は売れていきます。

送料のこともあり、それほど割安にならない場合でも、同じショップ内で「ついでに・いっしょに買えば、お得です」という提案をすると、それ自体が貴重な情報になります(書き方次第)。

実店舗でも同じ事で「せっかくここまで買いにこられたのだから、ついでにコレも」と勧めると、あっさり売れることもあります。もちろん、必ず使うことになるアイテムの話。

・マーチャントに提案してみる
周りの人の会話や自分の体験から販売方法を思いついたら、マーチャントに何か提案できないか考えてみます。上の組み合わせの例でも、マーチャントに○○と○○をセットで販売するページは用意できないか提案してみましょう。

注)提案の際は、どうやったら提案を聞いてもらえるか、よく考えてからメールすると、良い勉強になります。

--------------------------

商材の探し方や販売方法のヒントは、既に多くの本で紹介されていますから、そういった本を読んだことがない人は、2・3冊は読んでおきましょう。何冊か読むと切り口や言葉は違っても、基本は同じだということに気付きます。

Amazon「売れる」検索結果

--------------------------
おまけ:素敵な事業
http://bnews.ameblo.jp/entry-1e567dcbecc994bfc4b9fa7590a86d3c.html
posted by えびす at 08:05| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

儲けるために図解せよ

解説サイトを運営するのは楽しくも難しく、それなりの知識と考える力が必要です。特に、まったく予備知識のない人に内容を伝えるということは想像以上に難しく、コンテンツを作る際にPCの前で自分がフリーズするこも少なくありません。

そんな時にお世話になるのが解説図です。小難しい言葉と格闘するよりは、できるかぎり簡略化した図のほうが伝わりやすいものです。

世の中には、難しい専門用語やら横文字を並べられると、読む段階で「私には無理だ」と"感じて"投げ出してしまう人が少なくありません。私のことです。

何かを解説する時に重要なのは、「私にも理解できそうだ」と"感じて"もらうことであったりします。できそうだと思えばできるし、無理だと思えばできないないのが人間です。

作ってみた解説図がわかりにくいと思ったら、迷わず図を書いてみましょう。専門分野のサイトは、"わかりやすい"というだけで、人気サイト(儲かるサイト)に変身する可能性がありますから。


図解衝動
posted by えびす at 14:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

アフィリエイト遠大な計画パート2

話のもとはアフィリエイトは我が魂に及びのgoukouさんのお話。
http://goukou.com/blog/archives/001474.html


もう時効だろうと思いますので、私の友人が考え出した遠大なようで小心者な計画を紹介しましょう。

もう2年ぐらい前のことですが、とある友人がアフィリエイトを始めたころの話です。なかなか成果の上がらない友人が目をキラキラさせながら「すごい方法を思いついた」と興奮気味で話してくれました。詳細は成功したら報告するとのことでしたので、あえて追求しませんでした。それが正しい友人の姿勢というものです。

その1ヶ月ぐらい後でしょうか、「準備が整った」と以前にもまして目を輝かせた友人がやってきて、事細かにその「すごい方法」を説明してくれたのです。

まず自分のメインサイトとは別に、紹介したい商品リンクを設置したサイトを作ります。地道にリンク活動を行い、検索エンジンにサイトが登録されるのを待ちます。

商品名でそのサイトが検索されるようになったら、メインサイトの1ページで、「このキーワードで検索して買った商品はよかった」と紹介します。

つまり、そのキーワードで検索してもらい、別に作ったサイトへ来てもらって商品お買い上げという計画らしいです。当時はSEOという言葉が出回り始めたころでしたから、商品名だけで1ページ目に表示というのは比較的簡単な時代でした。

結果はというと2個は成約があったそうで、友人も満足そうでしたが、私はあえて助言しました。

「どうして、別サイトにしたの?」
「いや、そのほうが広告っぽくなくていいでしょ」
「買う人はそこまで気付いてないし、広告とわかっても買ってくれる人はいると思うよ」
「???」
「試しに紹介ページに商品リンクをのせてみてよ」

半信半疑ながら友人がそのとおりにすると、成約数が5倍になりました。

当たり前です。友人のサイトは、それなりに内容のあるサイトでしたし、関連性のある商品でしたから売れて当然なのです。

なぜ、そんな回りくどい計画を練ったのか未だに謎ですが、それを必要以上に突っ込まないのが良い友人というものです。ここでばらしてますけども(笑

ちなみにこの計画には、書くまでもなく大きな弱点がありまして、ひとつは検索エンジンの結果に依存すること、そもそも検索してまでそのページを見に行く人が少ないことなど、少し考えれば手間の割に成果が少ないことがわかります。

たぶん広告を掲載することで読者にどう思われるだろうかという恐怖心から生まれた計画だと思うのですが、手堅く情報サイトを作ってきた友人の心情を考えれば、わからない話でもありません。

その後の、怠らずサイトの情報を更新し続けた友人は、あっという間に私の収入を追い抜きましたとさ。
posted by えびす at 21:34| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

アクセスアップの仕組み6

口コミが発生するかどうかは、まず印象に残るコンテンツがあるかどうかにかかっています。印象に残るにも色々なパターンがありますが、次のような場合は得に効果が期待できます。

・今まで不便に思っていたことが解消された
・今まで見たこと聞いたことがない内容だった

イコール強く印象に残ったというのがキーワードです。
つまるところコンテンツ次第ではありますけけども、こういうコンテンツを作った上で、宣伝してもらえるようなサイトの見せ方を考えていかないといけません。

・リンクされることを前提にした説明書き

よく見かけるリンク用のソースを置いたり、各ページがリンクフリーであることを明記しておく。よく掲示板等で他サイトを紹介したり、記事を引用する人の中には、各ページがリンクフリーであるか確認する人もいたりします。

基本的にWEBの世界はリンクフリーですが、後々問題にならないように、そういう部分を見ている人も少なくはありません。

・宣伝してもらっていることを伝える

「△△で○○さんが紹介してくれました」とまでは書かなくても、「紹介してくれた方がいらっしゃるようで〜」と軽く書くようにしておきます。不思議なもので、皆が利用しているサイトや既に他でも紹介されているサイトは、心理的に紹介しやすのですね。

他にも小技はありますが、要は宣伝してくれる人が宣伝しやすい環境を整えておくようにするのです。たまに見かける雑誌に掲載されましたや、編集者宛てのメッセージなど同じことです。
※一度でも雑誌などで取り上げられると、他の雑誌編集者にも拾ってもらえることが多いです。

----------------------

自然に話題になっていく口コミを待つのではなく、積極的にアプローチする方法もあります。ビジネスの世界でもいっしょですが、その道の有名な人が紹介してくれると、一気に噂が広がりますから、内容や切り口に自信のある人は、どこに石を投げ込むか考えてみるのも楽しいですよ。

もちろん、そういう人の元には同じような売込みが集中しますから、簡単ではありませんけども。
posted by えびす at 18:38| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

アクセスアップの仕組み5

今回は「リピータが宣伝してくれる」について考えてみましょう。

宣伝の効果もあって、サイトにたくさんの人が来てくれるようになりました。何割かの人がリピータになり、毎日少しづつアクセス数が上がってきています。

サイトの運営が少し軌道に乗ってきたと感じたら、アクセス解析でアクセス元のチェックをしていきます。チェックするのは、アクセス元にウェブメーラーや掲示板があるかどうかです。

見ず知らずの人が、「このサイトはいいよ」「こんなサイトがあったよ」と口コミで広がっているかチェックします。口コミの跡があった場合は、方向性が正しいと思って間違いありません。

情報提供型のサイトの場合は、この口コミが発生しやすいのですが、ショップ型の場合は厳しい戦いになります。特にアフィリエイトの場合は難しく、口コミで広がったとしても、商品を紹介しているあなたのページではなく、その先の販売ページが紹介されることがほとんどです。

次回は、アフィリエイトサイトで口コミを発生させることができるのか、考えていきたいと思います。
posted by えびす at 01:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

アクセスアップの仕組4

前回の続きです。

これを見てもらえれば「必要だ」と感じてもらえそうなページをできるだけ多くの人に見てもらえるようにしておくのです。

そういうページのことをサイトの「リピータメーカー」と呼びます。

サイトの奥底に「リピータメーカー」が眠ってしまっていると、非常にもったいないですから、この機会に掘り起こしてみましょう。


というのが前回の内容。サイトのリピータになるには、キッカケがあります。

それは何かというと、親近感を感じたり、考えに共感したり、自分の探している情報が見つかったりと、ちょっとした感動めいたことがあると、その人の中でサイトのランクがあがるわけです。

そういうページを最初に見てもらえれば、リピータになってもらえる可能性が上がるわけですから、画面上の目に付く場所にリピートメーカになるかもしれないページを紹介しておきましょう。

・トップページで目的別・読者層別のページ紹介をする。
・リピータメーカになりそうなページを2・3紹介する。
・サイト運営のきっかけやプロフィールの追加
・記事の途中で、リピータメーカを紹介する
・各ページの最後で、リピータメーカを紹介する
などなど。

少し前からこのblogでもテスト的に行っていますが、画面上部でオススメ記事とカテゴリを掲載しています。

これはBlog形式の場合、過去の記事が読まれることが少ないからですが、見に来られた人に、こういう記事がありますよと提示している形です。

Seesaaの場合、カテゴリの見出しだけを取り出してリスト表示する機能がありませんから、こういう形で後からでも読める記事を一覧できるようにする努力は無駄にはなりません。

言い換えると、このBlogの一番上にある「アフィリエイトおすすめ記事一覧」はリピータメーカの一覧です。あのページからリンクされている記事がこのblogのリピータメーカです。

この記事を書いている時点では、まだ記事数が少ないので、「アフィリエイトおすすめ記事一覧」はそれほど重要ではありませんが、この先数ヶ月後に記事数が増えていったなら、その威力を発揮してくれるでしょう。

言われてみれば、うなずいてしまいそうなリピータメーカの話、見せ方は目新しくもなんともなく、サイト運営の経験がある人なら御馴染みの見せ方です。

どうして回りくどい説明をするかというと、リピータメーカを意識しながら作ると、どのページからを読んでもらうべきか自然と選択できるようになるからです。

こういう一連の流れを考えながらサイトを作っていくと、今まで言われてきたサイト作成のセオリーの意味がわかってもくるし、次の一手を考えることが、できるようになりますから練習がてらにサイトを見直すのも楽しいですよ。

posted by えびす at 11:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

BlogClick(ブログクリック)

先日、ニュースになっていたBlogClick(ブログクリック)ですが、試しに導入してみました。

最近Seesaaブログを利用しはじめた人は、デフォルトでBlogClickが表示されているかもしれません。テンプレートをカスタマイズしている人は、自分で追加する必要がありそうです。

追加方法は簡単で、テンプレート管理でコンテンツの追加・変更で行えます。設定で、縦型・横型と表示する広告数を制御できますので、調整しておきましょう。

Seesaaを利用している人には、とても簡単に利用できるコンテンツマッチ型の広告配信システムですから、徐々に広がっていくことでしょう。Adsenseのように登録申請の手間がないのは、意外と大きいかもしれません。

Adsenseを利用している人には、報酬額が気になるところだと思いますが、始まったばかりのサービスですから、今後数ヶ月はクリック単価とマッチング技術の調整が続くのではないかと思います。

続きを読む
posted by えびす at 20:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

アクセスアップの仕組み3

前回の記事の続きです。

「リピータを増やす」にはどうしたらいいでしょう?

よく言われるのは次のようなことです。

・内容を充実させる
・便利なツールを提供する
・他には無いユニークな情報・サービスを提供する
・まめに更新する

これらのことは正しくはあるのですが、ツールを作るにしても、ユニークな情報を提供するにしても個人の経験やスキルがモノをいいますから簡単なことではありません。このあたりの考え方は、別の機会に違うテーマで書いていこうと思います。

今回は、「リピータを増やす」ために、こういうサイトの見せ方をしましょうという話です。

リピータになってくれる人は、そのサイトの情報やサービスが「必要だ」と感じてくれた人達です。仮にサイトの中に必要な情報があったとしても、見てもらわなければ「必要だ」と感じてはもらえません。

サイトにしてもBlogにしても、更新を続ければ自然とページ数が増えていきます。それぞれ時間をかけて作った愛着のある内容だとしても、特に見てもらいたいページ、一番伝えたいことが書いてあるページ、反応があったページ、なかったページと色々あるわけですね。

そんな中から、これを見てもらえれば「必要だ」と感じてもらえそうなページをできるだけ多くの人に見てもらえるようにしておくのです。

仮にそういうページのことをサイトの「リピータメーカー」と呼びます。

アクセス解析で各ページのアクセス数を知ることができるなら、サイト内で「リピータメーカー」だと自分が思うページアクセス数を確認してみましょう。どれぐらいの人が見ているでしょう?

この「リピータメーカー」には決まった形はありません。サイトやジャンルによって様々です。特に意識していなくても、上手に「売り込みページ」を見てもらえる作りになっている場合もありますが、サイトの奥底に「リピータメーカー」が眠ってしまっていると、非常にもったいないですから、この機会に掘り起こしてみましょう。

次回は、「リピータメーカー」の見せ方を考えていきます。続きを読む
posted by えびす at 23:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

アクセスアップの仕組み2

前回の記事の続きです。

掲示板への書き込み、コメント、SEO、相互リンクなどのアクセスアップのテクニックは、下の図のどれにあたるでしょうか?というのが前回のお話です。

■アクセス数右肩上がりの仕組
----------------------------

サイトへ来てもらう
   ↓
リピータになってもらう
   ↓
リピータが宣伝してくれる
   ↓
最初に戻る

----------------------------

答えはもちろん「サイトへ来てもらう」です。宣伝をたくさんしてもアクセス数が安定しないのは、次の「リピータになってもらう」か「リピータが宣伝してくれる」が欠けているからです。

言葉にしてしまえば簡単な話です。毎日、相互リンクやランキングサイトから20人が見に来るとします。そのうち5人がリピータになりました。単純に考えて次の日は25人、その次の日は30人と自然に増えていきます。

これとは逆に、誰もリピータにならなければ、ずーと20人のままです。実際は、興味が薄れて見にこなくなる人がいますので、そんなに都合よくは増えませんが、基本はそういうことです。

ちなみに1日5人づつ増えていくと、200日後に1000人です。1日10人ならば、100日で1000人です。

これがよく言われる「宣伝よりも内容の充実」の正体です。ここで注意なのは、宣伝は効果がないと言っているわけではないということ。

宣伝は、「サイトへ来てもらう」ための手段です。

内容の充実は、「リピータになってもらう」ための手段です。

どちらも大切ですが、先に考えておかなければいけないのは「リピータになってもらう」です。ここがしっかりしていれば、宣伝も無駄にはなりません。

次回は、「リピータを増やす」には、どうしたらよいかを考えてみます。上で内容の充実をと書いていますが、それ以外にもコンテンツの見せ方などいろいろな小技がありますので、その辺を考えていきましょう。

続きを読む
posted by えびす at 16:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

アクセスアップの仕組み

アクセスアップの対策は?と聞かれて、何が思い浮かぶだろう?
掲示板への書き込み、コメント、SEO、相互リンク? 中には試してみたけども効果がなかったという人もいるんじゃないだろうかな。

アクセスアップの基本は今更ながらこんな感じだ。どんなタイプのサイトにも当てはまる。

■アクセス数右肩上がりの仕組
----------------------------

サイトへ来てもらう
   ↓
リピータになってもらう
   ↓
リピータが宣伝してくれる
   ↓
最初に戻る

----------------------------

さらっと書いていますけども、とっても大切なことですから、何度か読み返して覚えていってくださいね。いろいろなアクセスアップの方法がありますが、全てこの循環を作るための手段だと思って間違いありません。早い段階でこの仕組みを覚えておきましょう。

話を戻します。

掲示板への書き込み、コメント、SEO、相互リンクをすればアクセスアップに繋がるという説明をよく見かけますが、これだけでは不十分です。上の4つの方法は、「図■アクセス数右肩上がりの仕組」のどれにあたるでしょうか?

答えだけ書いてもありがたみがないでしょうから(笑)ちょこっと考えてみてください。アクセス数が上がらないと嘆いている人は、どうして上がらないのかわかってきましたか?

次回から、このあたりを詳しく説明していきます。

-----------------------------

考えることイメージすることは大切なことです。


posted by えびす at 07:37| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

備えよ常に:blogの記事をバックアップ

ある朝、あなたは自分のBlogを開きました。あれ、表示されません。どうやら、サーバーがダウンしているようです。そのうち復旧するだろうと、他の仕事にとりかかりますが、1日たっても直りません。そしてメールが届きました。

「お客さまのデータは消失しました。ごめんなさい」

3ヶ月もかけて作ったblogが消えてしまいまいた。もし、あたながBlogを利用してショッピングサイト風のアフィリエイトサイトを作っていたならば、途方に暮れること間違いなしです。消えてしまったデータは2度と元に戻りません。

この場合、次のような損失が・・・
・Blogを通して得る予定だった収入
・過去の作業時間×あなたの時給
・これから作り直す時間×あなたの時給

考えただけでも泣ける話です。blogではなくて普通のサイトを作っていたならば自分のパソコンにデータが残っていますから、それほどのダメージはありません。レンタルではなくて自前でサーバーを借りてバックアップしている場合も同様です。

ところが、無料のレンタルBlogでデータのエクスポート機能がなかったり、普段からバックアップをしていない場合は上のような泣ける状況になります。こんな時のために、自動巡回ソフトを利用してバックアップしておきましょう。

自動巡回ソフトは、指定しておいたURLのHTMLを読み取って、サイト内のHTMLや画像を自分のパソコンに保存しておけるソフトのことです。

自動巡回ソフトで保存しても、自分で復旧するには記事を一つずつ戻さないといけませんが、消えるよりはマシですね?

昔からの定番ソフトですから、探せばすぐに見つかるでしょう。今回は波乗野郎を紹介します。

波乗野郎

ダウンロードしてインストールしたら、画面上部のアイコンから「新規接続先」を選択し、BlogのURLを入力します。

次に、同じく画面上部のアイコンから「波乗り設定」を選択し、自分のパソコンの何処に保存するかを指定します。

最後に、画面上部アイコンの「波乗り開始」を押して完了です。実際に保存されているか確認します。

ちゃんと保存されていたら、この設定を保存しておきます。画面左上ファイル → 「名前をつけて保存」します。

次に、左上ファイル → 「環境設定」を開き、「起動時に開くファイル」で、上で保存した設定を指定します。

これで使い方はわかると思いますが、念には念をいれて自動で起動するように設定しておきましょう。

画面上部から「波乗り設定」を開き、「波乗野郎起動後、自動的に波乗りを開始する」にチェックをいれます。これで起動すれば自動的にバックアップをしてくれるので便利ですね。

さらにWINDOWSの場合は、パソコンを起動したら自動的に波乗野郎が起動するようにしておきましょう。画面左下の「スタート」から「プログラム」→「スタートアップ」までいき、「スタートアップ」の上で右クリックして、「開く」を選択。フォルダが開きますから、ここに波乗野郎のショートカットを作っておきます。

スタートアップフォルダに入ったショートカットは、WINDOWSが起動した時に自動的に起動するようになります。これも便利なので覚えておきましょう。 これでおしまい。

一度、設定してしまえば安心ですから、この機会にぜひ。
posted by えびす at 10:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。