2004年11月07日

疑う技術:世界一受けたい授業

世界一受けたい授業
日テレ:土曜夜7時57分〜
毎回、違う講師3人を招いて面白い知識や考え方を紹介する番組。バラエティー系。
http://www.ntv.co.jp/sekaju/

遅い夕食をとりながらテレビのチャンネルをまわしていたら、「世界一受けたい授業」という番組で手が止まった。土曜の夜8時からの番組なので観た人も多いと思うけれど、面白い内容だったのでメモっておこう。


■疑う技術 和田秀樹

普段そうだと思い込んでいることでも、実際の統計データで調べるとそうではないことが多々ある。情報は鵜呑みにせずに、まず疑ってから自分で確認しましょうという内容。

番組中では次のような例がだされていました。

「日本の警察は優秀」→「昔は優秀だったが今はそれほどでもない」
詳しくはhttp://www.pdc.npa.go.jp/hakusyo/index.htmを参考に。

「日本の税金は高い」→「もっと高い国がある」
詳しくはhttp://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/hikaku.htmを参考に。

※数字の信頼性や解釈によってそうだとは言い切れませんので判断は各自で。


インターネットで専門性のあることを調べていると、この疑う技術の大切さを実感します。自分の得意な分野であれば、ある程度は信頼できる情報かどうか見分けがつくのですが、調べ始めたばかりの分野だと何が正しくて間違っているのかさえわかりません。

アフィリエイトの情報は特にそうですが、情報はまず疑うって調べるのが基本です。

疑う → 資料を探す → 確認する → 違う仮説たてる → 繰り返し。

のようにすると、無駄な時間を費やさないような計画がたてれると思うのですが、これがなかなか難しい。意識して習慣化していかないと、毎回できるものではありませんから、今後の課題としておきたいところです。

何かおもしろそうな情報があったら「本当だろうか?」と疑っていきましょう。大切なのは「疑う」ではなくて、「用心する・確認する」ですので間違いのありませんように。


知力=疑う技術とは特に関係ないんだろうか。面白そうなので注文しておいた。
posted by えびす at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。