2004年09月29日

イチロー カレンダー 2005年度

イチローのカレンダーを探していたらAMAZONで一件だけヒット。はて、今年大ブレイクのイチローのカレンダーが一件とは意外です。そこで他でもないか探してみることに。


Amazonで詳細を見る

とりあえず米Amazonで検索してみると・・・

Ichiro Calendarで検索

はて、これまた1件?いや検索が上手くできてないだけかもしれない。 ちなみにベースボール関係のカレンダーは充実してます。

英語であっても祝日の記載が違っていても、アメリカで発売されるカレンダー魅力的。ただ、わざわざ米Amazonで注文しなくても輸入ショップで手に入るかもしれないから、こちらは様子をみることに。

このあと、何度かカレンダーを探してみるも、まったく見つからない。もしかして版権の管理が厳しくて、一つしかないんだろうか。もう少し探してみて見つかったら、また報告したいと思います。

おまけ
マリナーズのサイト
左下にWho should win the AL MVP Award?という質問があって、イチローがダントツだったりします。

posted by えびす at 15:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商材の選び方:商品ページを確認する

先日、商材の選び方という記事を書きましたけども、ひとつ大事なことを付け足しておきます。

同じ商材(似たようなサービス)を扱うマーチャントが複数あったらならば、アフィリエイトリンクでジャンプする先のページを良く見比べるようにしましょう。

商品写真、アピールポイント、商品詳細などなど必要な情報がかいてあるか、買いたくなるような雰囲気になっているかチェックしておくのです。

実際に自分で買い物するとわかりますが、自分の知りたい情報が商品ページに書かかれていないと「さようなら」となることが多いですから、チェックしておいて損はありません。

この商品は売れる!とビビっときているのに、商品ページがイマイチだなと感じたら、商品ページのテキスト追加をマーチャントに提案してみます。前にも少し書きましたけども、提案する際は細心の注意を払ってメールを書いてください。

マーチャントにも、できること・できないことがありますし、普通はメールだけでは伝わらないことが多いですから、できるだけ具体的に変更提案や理由を書いてお願いしてみます。特に売上が上がっていない状態だと、提案する私達の立場はひじょ〜に弱いということも忘れずに。

こういうビジネスメール的なやりとりは最初は難しいものですけども、それ自体が自分のスキルになりますので、上を目指す人は経験しておいて損はありません。また機会があったら体験談も書いていきたいとおもいます。失敗談が多いですけども(笑
posted by えびす at 00:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

ジャンルとテーマと切り口と1

サイト作り・アクセスアップの秘訣は、しっかりテーマを考えるというのは、よく聞く話。

ここだけの話、サイト名とテーマだけでサイトが大きく育つこともありますので、何回かに分けてテーマの考え方についてまとめていきます。

最初に質問です。あなたのサイトのテーマは何ですか?

例えば私がここで「アフィリエイトのサイト」と答えたら、これはテーマの意味を勘違いしています。「アフィリエイトのサイト」はテーマではなくジャンルです。

同じように「保険の紹介です」「派遣の紹介です」「ギター講座です」などもジャンルであってテーマではありません。

ここでいうテーマというのは、運営しているサイトを通して達成したい課題のようなものだと考えてください。

映画DVDの販売サイトの場合は、どんなテーマが思い浮かぶでしょうか?あえて例はあげませんし、正しい答えがあるわけでもないですから、ちょっと考えてみてください。

次回へ続くはず。
posted by えびす at 20:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

秋・冬商材を探そう

ここ2・3日で急に涼しくなってきましたけども、秋・冬商材の準備はすすんでいますか?今日は、商材の選び方の話。

■「我慢できない!」を探す

季節物に限らず販売しやすい商材といえば、我慢できないことを解決してくれるアイテムです。大げさに言えば苦痛を和らげてくれるアイテム。よく言われる悩み解決商材は売れやすいといっしょのことです。


■商材の探し方

秋・冬物商材といっても山ほどありますが、「上の我慢できない!」という場面をイメージして商材のヒントを探します。そんなことをしなくても、寒くなってくれば各マーチャントが手持ちの冬商材をオファーしてくれますが、受身にならずに自分で考えておくと、後々販売しやすいものです。

・去年のことを思い出す

自分の体験ほど貴重なものはありません。「○○はこうだったけども、○○は良かったのでそっちを選んだ」という内容が書けるアイテムはないか考えてみましょう。些細な体験でも、人によっては新鮮に感じることもあります。

・周りの人の行動を観察する

少し涼しくなるだけで「涼しくなってきたね、○○を準備しなくちゃ」という声が聞こえてくるはず。そういう声を見逃してはいけません。自分が思いもつかない秋・冬必須のアイテムが見つかったりします。声にださずとも、人それぞれ季節ごとに使うアイテムがあったりしますので、何気ない雑談の中にヒントがあるかもしれません。

・組み合わせて販売する

必ず使う消耗品は、近くのお店で手に入るものですから、ネット経由で買う人は多くないように感じます。それでも例外はあって、1・2ヶ月分のまとめ買いで安くなる場合は売れていきます。

送料のこともあり、それほど割安にならない場合でも、同じショップ内で「ついでに・いっしょに買えば、お得です」という提案をすると、それ自体が貴重な情報になります(書き方次第)。

実店舗でも同じ事で「せっかくここまで買いにこられたのだから、ついでにコレも」と勧めると、あっさり売れることもあります。もちろん、必ず使うことになるアイテムの話。

・マーチャントに提案してみる
周りの人の会話や自分の体験から販売方法を思いついたら、マーチャントに何か提案できないか考えてみます。上の組み合わせの例でも、マーチャントに○○と○○をセットで販売するページは用意できないか提案してみましょう。

注)提案の際は、どうやったら提案を聞いてもらえるか、よく考えてからメールすると、良い勉強になります。

--------------------------

商材の探し方や販売方法のヒントは、既に多くの本で紹介されていますから、そういった本を読んだことがない人は、2・3冊は読んでおきましょう。何冊か読むと切り口や言葉は違っても、基本は同じだということに気付きます。

Amazon「売れる」検索結果

--------------------------
おまけ:素敵な事業
http://bnews.ameblo.jp/entry-1e567dcbecc994bfc4b9fa7590a86d3c.html
posted by えびす at 08:05| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

儲けるために図解せよ

解説サイトを運営するのは楽しくも難しく、それなりの知識と考える力が必要です。特に、まったく予備知識のない人に内容を伝えるということは想像以上に難しく、コンテンツを作る際にPCの前で自分がフリーズするこも少なくありません。

そんな時にお世話になるのが解説図です。小難しい言葉と格闘するよりは、できるかぎり簡略化した図のほうが伝わりやすいものです。

世の中には、難しい専門用語やら横文字を並べられると、読む段階で「私には無理だ」と"感じて"投げ出してしまう人が少なくありません。私のことです。

何かを解説する時に重要なのは、「私にも理解できそうだ」と"感じて"もらうことであったりします。できそうだと思えばできるし、無理だと思えばできないないのが人間です。

作ってみた解説図がわかりにくいと思ったら、迷わず図を書いてみましょう。専門分野のサイトは、"わかりやすい"というだけで、人気サイト(儲かるサイト)に変身する可能性がありますから。


図解衝動
posted by えびす at 14:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

アフィリエイト遠大な計画パート2

話のもとはアフィリエイトは我が魂に及びのgoukouさんのお話。
http://goukou.com/blog/archives/001474.html


もう時効だろうと思いますので、私の友人が考え出した遠大なようで小心者な計画を紹介しましょう。

もう2年ぐらい前のことですが、とある友人がアフィリエイトを始めたころの話です。なかなか成果の上がらない友人が目をキラキラさせながら「すごい方法を思いついた」と興奮気味で話してくれました。詳細は成功したら報告するとのことでしたので、あえて追求しませんでした。それが正しい友人の姿勢というものです。

その1ヶ月ぐらい後でしょうか、「準備が整った」と以前にもまして目を輝かせた友人がやってきて、事細かにその「すごい方法」を説明してくれたのです。

まず自分のメインサイトとは別に、紹介したい商品リンクを設置したサイトを作ります。地道にリンク活動を行い、検索エンジンにサイトが登録されるのを待ちます。

商品名でそのサイトが検索されるようになったら、メインサイトの1ページで、「このキーワードで検索して買った商品はよかった」と紹介します。

つまり、そのキーワードで検索してもらい、別に作ったサイトへ来てもらって商品お買い上げという計画らしいです。当時はSEOという言葉が出回り始めたころでしたから、商品名だけで1ページ目に表示というのは比較的簡単な時代でした。

結果はというと2個は成約があったそうで、友人も満足そうでしたが、私はあえて助言しました。

「どうして、別サイトにしたの?」
「いや、そのほうが広告っぽくなくていいでしょ」
「買う人はそこまで気付いてないし、広告とわかっても買ってくれる人はいると思うよ」
「???」
「試しに紹介ページに商品リンクをのせてみてよ」

半信半疑ながら友人がそのとおりにすると、成約数が5倍になりました。

当たり前です。友人のサイトは、それなりに内容のあるサイトでしたし、関連性のある商品でしたから売れて当然なのです。

なぜ、そんな回りくどい計画を練ったのか未だに謎ですが、それを必要以上に突っ込まないのが良い友人というものです。ここでばらしてますけども(笑

ちなみにこの計画には、書くまでもなく大きな弱点がありまして、ひとつは検索エンジンの結果に依存すること、そもそも検索してまでそのページを見に行く人が少ないことなど、少し考えれば手間の割に成果が少ないことがわかります。

たぶん広告を掲載することで読者にどう思われるだろうかという恐怖心から生まれた計画だと思うのですが、手堅く情報サイトを作ってきた友人の心情を考えれば、わからない話でもありません。

その後の、怠らずサイトの情報を更新し続けた友人は、あっという間に私の収入を追い抜きましたとさ。
posted by えびす at 21:34| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

しっかりと焦るのこと

ふぃ〜、どれどれ今日の報酬はっと。
ん、まぁまぁいつもどおりだ。

そうえいば、先月からはちょっと下がったかな。
まぁ横ばいだし、順調としとこう。

えーと、新しい提携先はないかな・・・。
あぁ、ここいけそう。
ん〜、でもちょっと報酬すくなめ。

とりあえず提携して、適当にリンクを張ってと。
よし、おしまい。がんばれ、自動販売機サイト!

おやすみ〜。

---------------------

と、やっている間に、別の人は次のアイデアを練っているかもしれません。

アフィリエイトとは直接の関係はありませんが、無敵会議というのがあります。

http://www.muteki-kaigi.com/

無敵会議を企画している人は、何故これを企画したんだろうか。それに参加する人はどんな人達だろうか。

無敵会議の存在を知ったとき、なぜか焦りました。

アフィリエイトのちょっとした情報は、そこらじゅうに溢れています。私が手に入れることのできる情報は、他の誰もが手に入れることができる情報です。

情報はとても大切ですが、それを全部かきあつめたからといって、成功するわけでもありません。

もっと視野を広げないといけない。
と、しっかり焦っています。
posted by えびす at 22:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセスアップの仕組み6

口コミが発生するかどうかは、まず印象に残るコンテンツがあるかどうかにかかっています。印象に残るにも色々なパターンがありますが、次のような場合は得に効果が期待できます。

・今まで不便に思っていたことが解消された
・今まで見たこと聞いたことがない内容だった

イコール強く印象に残ったというのがキーワードです。
つまるところコンテンツ次第ではありますけけども、こういうコンテンツを作った上で、宣伝してもらえるようなサイトの見せ方を考えていかないといけません。

・リンクされることを前提にした説明書き

よく見かけるリンク用のソースを置いたり、各ページがリンクフリーであることを明記しておく。よく掲示板等で他サイトを紹介したり、記事を引用する人の中には、各ページがリンクフリーであるか確認する人もいたりします。

基本的にWEBの世界はリンクフリーですが、後々問題にならないように、そういう部分を見ている人も少なくはありません。

・宣伝してもらっていることを伝える

「△△で○○さんが紹介してくれました」とまでは書かなくても、「紹介してくれた方がいらっしゃるようで〜」と軽く書くようにしておきます。不思議なもので、皆が利用しているサイトや既に他でも紹介されているサイトは、心理的に紹介しやすのですね。

他にも小技はありますが、要は宣伝してくれる人が宣伝しやすい環境を整えておくようにするのです。たまに見かける雑誌に掲載されましたや、編集者宛てのメッセージなど同じことです。
※一度でも雑誌などで取り上げられると、他の雑誌編集者にも拾ってもらえることが多いです。

----------------------

自然に話題になっていく口コミを待つのではなく、積極的にアプローチする方法もあります。ビジネスの世界でもいっしょですが、その道の有名な人が紹介してくれると、一気に噂が広がりますから、内容や切り口に自信のある人は、どこに石を投げ込むか考えてみるのも楽しいですよ。

もちろん、そういう人の元には同じような売込みが集中しますから、簡単ではありませんけども。
posted by えびす at 18:38| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

感謝リスト

私のデスクトップには「感謝リスト」という名前のファイルがあります。

このファイルには、サイト運営上、お世話になった人や掲示板で何かを教えてもらった人のメルアドやサイトURLが書いてあります。もちろん、どんなことでお世話になったかもメモしています。

よく掲示板で質問に答えてもらったり、相互リンクしてもらった人へ「ありがとう」と、お礼を書き込むわけですが、ほとんどの場合、「ありがとう」という言葉を書くことで感謝することが終わってしまう場合が多かったりはしませんか?

ところが稀に「ありがとう」を形で返してくれる人もおります。たとえばサイトの一番見えやすいところで(アフィリエイトしてる場合は、それこそ一等地ですね)紹介してくれたり、相互リンクの枠とは別に感謝リンクのページで残してくれたり。

さらに、数ヵ月後に「その後いかがですか?」とメールを送ってきてくれる人もいたりします。不思議なことに、そういう気遣いをしてくれる人のサイトは、内容も面白くアクセス数も多いのです。

アクセス数が多いサイトを運営している人が皆そうだというわけではありませんが、逆はよくあります。

つまり、どんなに努力してもアクセス数が稼げない人の多くは、感謝の気持ちを「ありがとう」の一言でかたずけてしまう人達です。

そういうことにならないように、感謝リストを作っているわけですね。感謝リストを作っていくのは意外と面白くて、1年後に詠みかえしてみると、いかに助けてもらって自分のサイトが成り立っているかよくわかります。なるほどと、思えたなら今すぐ「感謝リスト」を作っておきましょう。

ここまでが実は前振りで、このブログ初の感謝リストに追加させていただいた方を紹介するのが本題であったりします。

感謝ビーム >> チャオ、アフィリエイト!

ご紹介、どうもありがとう。

----------------------------------------

ちょっと話は変わって、ここからは空想込みです。

たまに有名サイトの対応が冷たいというような話を聞きますが、そこで「相手にされてないんだろうな」で終わってしまうのはもったい話です。

想像してみてください。アクセス数の多いサイトを持っている人は、けっこうな数の相互リンク依頼やメールを受け取っています。初めてもらったサイトの感想メールは、とても嬉しいものですが、悲しいかな人間は何にでも慣れていきます。

また、何百通もメールを受け取っていれば、適当に考えて書いた内容なのか、真剣に伝えようとしているのか、ざっと読めばすぐにわかります。たぶん。

そういう人に何かを伝えたり、お願いしたりする場合にどうしたらいいでしょうか。

ぜひ、考えてみてください。
posted by えびす at 20:52| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

サイトの価値

サイトを通してある程度の収入が入ってくるようになると、自分のサイトにどれぐらいの価値があるんだろうと考えたりします。

価値観は人それぞれですが、お金に換算するとこれぐらいだろうかと思うのは、アフィリエイトサイトを運営している人なら自然な成り行きです。

サイトの価値を”お金”という物差しで表すと、一番簡単なのはこういう計算です。

月の収入 × サイトの寿命

月5万円で、この先5年は同じ収入が続きそうなら
5万円 × 60ヶ月 = 300万円 です。

サイトの寿命については、また別の機会に書きたいと思いますが、例えば10年後に同じことをしていて、同じ収入を得られるかどうかというのは、大きな課題です。

今日は、ちょっと違う話。

AさんとBさんは、月5万円の収入をサイトから得ています。
何の捻りもない上の計算式に当てはめると、二人のサイトは300万円の価値です。

ここに満足感というのを付け加えてみます。達成感と言葉を変えてもいいかもしれません。

普通、満足感を得るためには何をするかというと、好きなことに時間を使うわけです。ようするに大好きな趣味に時間をあてるわけですが、趣味にはお金がかかります。

例えば、カラオケボックスで満足感を得るために1時間歌いました。500円かかったとすると、その人は満足感を得るために500円を支払ったということです。

もし、その人がサイトを運営をすることによって、カラオケに行く代わりに満足感を得ることができたとしたらどうでしょう?1時間分の満足感を得られれば、500円稼ぎ出したことになります。

さて、AさんとBさんは同じ300万円の価値があるサイトを運営しています。

Aさんは、ショップ型サイトを運営しています。広告の管理や、アクセス数の確保に四苦八苦。それなりにストレスも貯まりますから、満足感は得られません。

Bさんは、大好きな趣味の情報サイトを運営しています。同じ趣味の人達とも知り合え、楽しくサイトを運営しています。

Bさんのサイトの価値は
5万円 × 60ヶ月 = 300万円 + 満足度分の金額

となります。もちろん、キャッシュとして手元に残るのは、同じ300万円ですから、平たく言ってしまえば、気分次第な話です。

いろいろなタイプのサイトを通してアフィリエイト収入を得ている人がいることと思います。どうせ長く運営するならば、お金の収入+満足感 も得られるジャンルとテーマを選ぶのも賢い選択だとは思いませんか?

こう書くと、まるでお金を稼ぐのが悪いことのように錯覚する人もいるかもしれませんが、そういうことではありません。お金も入ってくるし、満足感も得られるし、周りの人の見る目が変わるような贅沢な道を探していきましょう。

posted by えびす at 02:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

アクセスアップの仕組み5

今回は「リピータが宣伝してくれる」について考えてみましょう。

宣伝の効果もあって、サイトにたくさんの人が来てくれるようになりました。何割かの人がリピータになり、毎日少しづつアクセス数が上がってきています。

サイトの運営が少し軌道に乗ってきたと感じたら、アクセス解析でアクセス元のチェックをしていきます。チェックするのは、アクセス元にウェブメーラーや掲示板があるかどうかです。

見ず知らずの人が、「このサイトはいいよ」「こんなサイトがあったよ」と口コミで広がっているかチェックします。口コミの跡があった場合は、方向性が正しいと思って間違いありません。

情報提供型のサイトの場合は、この口コミが発生しやすいのですが、ショップ型の場合は厳しい戦いになります。特にアフィリエイトの場合は難しく、口コミで広がったとしても、商品を紹介しているあなたのページではなく、その先の販売ページが紹介されることがほとんどです。

次回は、アフィリエイトサイトで口コミを発生させることができるのか、考えていきたいと思います。
posted by えびす at 01:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

Ameblo Blog(アメーバブログ)オープン ランキング機能に特化?

株式会社サイバーエージェントが9月16日にAmeba Blogをオープンしました。

試しにアカウントを作ってみましたが登録→記事の投稿は、簡単でした。特にカスタマイズするわけでもなく、日々のネタで勝負する人はAmeba Blogを使ってみてもいいかもしれません。

Ameba Blogの目玉は、月のランキング上位者に賞金がでること。総合ランキングの1位には10万円らしいですから、オープン時の9月で狙うのがセオリーだろうか?

2004年度総合ランキングで1位を勝ち取った人には、賞金100万円が贈られます。

実は藤田社長が総合1位というなんともな状況ですが、社長は賞金対象からは除外だそうな。

サイバーエージェントと言えば、トラフィックゲートや先日のブログクリックとも関連の高い企業ですが、Ameba Blogでもアフィリエイト関連のサービスが充実していくのかが気になるところです。

現在の規約FAQの最後を読むと、ASP経由の広告掲載は駄目なよう。詳しい方がいらっしゃいましたら、情報およせください。

posted by えびす at 20:23| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

えびす

昭和49年生まれ 

大学卒業後、HTML辞書片手にWEB業界へこんにちは。3年間の実務の中で、歓喜し、悲観し、社会の厳しさを勉強する。個人では出来ないような貴重な体験もさせていただいた。

現在は地元に戻り、実家の仕事をお手伝い中。笑顔の大切さを知る。40代以降の奥様方がお客様。世の中にはいろいろな奥様がおりますけども、優しい人、厳しい人、適当な人、嫌な人、みんな私の中では素敵マダムでございます。なんだかんだと言ってお客様にに教えられることは多いのですよね。


アフィリエイトは2000年から遊びで始めていましたが、初めての報酬は確かバリューコマースの1500円で、とても嬉しかったのを憶えている。その1500円を受け取るまでに半年かかろうとは思ってもみなかった。

現在の運営サイトは小さいものを含めて5つほど。月の収入は初めてもらった給料の手取りぐらい。初任給といってもピンからキリまであるのことには注意だ。

今までアフィリエイトやアクセスアップについて文章にしたことがなかったので、このブログで少しずつ書きためていきたいと思います。

こじんまりとしたブログだけども、どうぞ宜しくお願いします。

posted by えびす at 15:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

究極のお気に入りボタン

サイト運営者はアクセスアップのために涙ぐましい努力をするものであります。

運営者にとって読者のブックマーク入りは、その人に認められたという勲章のようなものであり、サイトが評価されたという証です。

とはいえ、1000あるネタ帳のストックから、これこそはと思い3時間かけて書き上げた渾身の記事であっても、まったくサイトはブックマークされず、しっとりとした秋風が吹く時も少なくはなく、むしろ多く、私達の心は病んでいきます。

そんな事を何十回か繰り返した後、突然目の前にりんごは落ちてくるのです。これだ、これこそ私が求めていたブックマークしてもらうための究極テクニックだ。私の心は小躍りしました。

高鳴る胸をおさえつつ、さっそく画像編集ソフトを開き、私は黙々と10分ほどでブックマーク用のボタンを作りました。


fav.gif

なんということでしょう。

できあがった画像ボタンは、押しやすいよう大きなサイズに仕上がり、ビビドな配色が目を引きます。さらに、ボタンとわかるように陰影もつけました。これなら年配の方にも、ボタンとわかることでしょう。

こんな素晴らしいアイデアを下さった私の中の神様に感謝いたします。


残念ながら、私自身はトップページへこの画像を貼り付け、あとはブックマーク用のスクリプトを挿入する段階で、心の中の誰かに「使わないほうがいいよ」と忠告されましたので使用を断念しました。

とても素晴らしいボタンです。どなたか使ってください。続きを読む
posted by えびす at 23:10| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセスアップの仕組4

前回の続きです。

これを見てもらえれば「必要だ」と感じてもらえそうなページをできるだけ多くの人に見てもらえるようにしておくのです。

そういうページのことをサイトの「リピータメーカー」と呼びます。

サイトの奥底に「リピータメーカー」が眠ってしまっていると、非常にもったいないですから、この機会に掘り起こしてみましょう。


というのが前回の内容。サイトのリピータになるには、キッカケがあります。

それは何かというと、親近感を感じたり、考えに共感したり、自分の探している情報が見つかったりと、ちょっとした感動めいたことがあると、その人の中でサイトのランクがあがるわけです。

そういうページを最初に見てもらえれば、リピータになってもらえる可能性が上がるわけですから、画面上の目に付く場所にリピートメーカになるかもしれないページを紹介しておきましょう。

・トップページで目的別・読者層別のページ紹介をする。
・リピータメーカになりそうなページを2・3紹介する。
・サイト運営のきっかけやプロフィールの追加
・記事の途中で、リピータメーカを紹介する
・各ページの最後で、リピータメーカを紹介する
などなど。

少し前からこのblogでもテスト的に行っていますが、画面上部でオススメ記事とカテゴリを掲載しています。

これはBlog形式の場合、過去の記事が読まれることが少ないからですが、見に来られた人に、こういう記事がありますよと提示している形です。

Seesaaの場合、カテゴリの見出しだけを取り出してリスト表示する機能がありませんから、こういう形で後からでも読める記事を一覧できるようにする努力は無駄にはなりません。

言い換えると、このBlogの一番上にある「アフィリエイトおすすめ記事一覧」はリピータメーカの一覧です。あのページからリンクされている記事がこのblogのリピータメーカです。

この記事を書いている時点では、まだ記事数が少ないので、「アフィリエイトおすすめ記事一覧」はそれほど重要ではありませんが、この先数ヶ月後に記事数が増えていったなら、その威力を発揮してくれるでしょう。

言われてみれば、うなずいてしまいそうなリピータメーカの話、見せ方は目新しくもなんともなく、サイト運営の経験がある人なら御馴染みの見せ方です。

どうして回りくどい説明をするかというと、リピータメーカを意識しながら作ると、どのページからを読んでもらうべきか自然と選択できるようになるからです。

こういう一連の流れを考えながらサイトを作っていくと、今まで言われてきたサイト作成のセオリーの意味がわかってもくるし、次の一手を考えることが、できるようになりますから練習がてらにサイトを見直すのも楽しいですよ。

posted by えびす at 11:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

誉めるのこと

本業で、年間に100人ぐらいの人とお話をいたします。営業とゆうよりは御用聞きに近い形で、お客さまは40代以降の女性が多いのですが、先日とても印象に残る人に出会いました。

何が印象に残っているのかというと、こちらが恥ずかしいくらい誉めてくれるのです。会話の半分以上は、誉め言葉のような感じで、恐縮とはこのことだと実感したぐらいです。

帰りの車の中で、これが「誉め殺し」かと妙に納得しつつ、でも気分は悪くありません。むしろ、今までの仕事の中で一番、楽しい帰り道でありました(鼻歌を歌いながら帰ったのは何年ぶりだろうかな)。

人と話をする仕事をしばらく続けていると、本当に誉めてもらっているのか、社交辞令なのか、すぐに分かるようになりますので、たまに誉めてもらえると本当に嬉しいもんです。

と、良い話で終わらせればいいものを、少し邪推してみましょう。実は、本当に誉められているわけではなくて、相手の誉めるテクニックがすごいんじゃないだろうかと、ふと思ったわけです。

誉めていただいた場面を思い出すと、ひじょぅーに的確な誉め言葉を頂いた気がします。的確なとはつまり、自分が苦労していることだとか、意識してがんばっている部分を誉めていただいたのです。

こうやって言葉にして説明すると、なるほど誉め言葉のテクニックのように見えてくるから恐いですが、たぶん誉めてくれたお客さまは狙って言ったのではないでしょう。あの笑顔は本物です(と信じたいところです)。

もちろん、意識して人を誉めるようにしている人は、たくさんいます。私も、その内のひとりです。別に悪いことではありませんし、良い人間関係を作る潤滑油にはなりますから必要なことです。

ですが、本当に相手のいいところを見つけて誉めることができる人間になってみたいなと思った先日の出来事でした。
posted by えびす at 20:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

BlogClick(ブログクリック)

先日、ニュースになっていたBlogClick(ブログクリック)ですが、試しに導入してみました。

最近Seesaaブログを利用しはじめた人は、デフォルトでBlogClickが表示されているかもしれません。テンプレートをカスタマイズしている人は、自分で追加する必要がありそうです。

追加方法は簡単で、テンプレート管理でコンテンツの追加・変更で行えます。設定で、縦型・横型と表示する広告数を制御できますので、調整しておきましょう。

Seesaaを利用している人には、とても簡単に利用できるコンテンツマッチ型の広告配信システムですから、徐々に広がっていくことでしょう。Adsenseのように登録申請の手間がないのは、意外と大きいかもしれません。

Adsenseを利用している人には、報酬額が気になるところだと思いますが、始まったばかりのサービスですから、今後数ヶ月はクリック単価とマッチング技術の調整が続くのではないかと思います。

続きを読む
posted by えびす at 20:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod mini トラックバックプレゼント

私は仕事で使う道具には実用性しか求めないタイプです。当然のように、毎日いっしょに仕事をしている自動車にはラジオしかついておりません。

ということで、iPodが欲しくてたまりません(笑

それほど高いものでもないですから、衝動買いしてしまえばいいものを、お店の売り場で行ったり来たりしていたりする私は小市民でしょうか。

Seesaa プレゼントでiPodが出ていたのでトラックバックして大当たりを狙いつつ、トラックバック懸賞の可能性について考えてみたいと思います。

トラックバックを利用して、プレゼント応募できる仕組みは普通のフォームから受け付けるタイプの懸賞と比べると、いくつかのメリットがあります。

プレゼント提供者側からすると、トラックバックを受け入れることができるシステムで既に運営しているならば、特別なシステムを用意する必要がありませんからお手軽です。

また、ほとんどの人がトラックバックを送る際にプレゼント応募先ページを紹介しますので、口コミでプレゼント企画が広がっていくことになります。これがけっこう大きいんではないかなと思います。新製品の告知にも一役かいそう。

今回の応募条件にBlogClick(ブログ・クリック)利用者とあるのもポイントですね。サービスの告知にも威力発揮でしょうか。

この応募条件を「○○について書いてトラックバックする」にすれば、簡単な市場調査もできますから、いろいろな使い方ができそうですね。ショップ運営している人には良い販促方法になるかも。

ただメールアドレスを集めることができませんので、使い分けは必要かもしれません。続きを読む
posted by えびす at 19:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

アクセスアップの仕組み3

前回の記事の続きです。

「リピータを増やす」にはどうしたらいいでしょう?

よく言われるのは次のようなことです。

・内容を充実させる
・便利なツールを提供する
・他には無いユニークな情報・サービスを提供する
・まめに更新する

これらのことは正しくはあるのですが、ツールを作るにしても、ユニークな情報を提供するにしても個人の経験やスキルがモノをいいますから簡単なことではありません。このあたりの考え方は、別の機会に違うテーマで書いていこうと思います。

今回は、「リピータを増やす」ために、こういうサイトの見せ方をしましょうという話です。

リピータになってくれる人は、そのサイトの情報やサービスが「必要だ」と感じてくれた人達です。仮にサイトの中に必要な情報があったとしても、見てもらわなければ「必要だ」と感じてはもらえません。

サイトにしてもBlogにしても、更新を続ければ自然とページ数が増えていきます。それぞれ時間をかけて作った愛着のある内容だとしても、特に見てもらいたいページ、一番伝えたいことが書いてあるページ、反応があったページ、なかったページと色々あるわけですね。

そんな中から、これを見てもらえれば「必要だ」と感じてもらえそうなページをできるだけ多くの人に見てもらえるようにしておくのです。

仮にそういうページのことをサイトの「リピータメーカー」と呼びます。

アクセス解析で各ページのアクセス数を知ることができるなら、サイト内で「リピータメーカー」だと自分が思うページアクセス数を確認してみましょう。どれぐらいの人が見ているでしょう?

この「リピータメーカー」には決まった形はありません。サイトやジャンルによって様々です。特に意識していなくても、上手に「売り込みページ」を見てもらえる作りになっている場合もありますが、サイトの奥底に「リピータメーカー」が眠ってしまっていると、非常にもったいないですから、この機会に掘り起こしてみましょう。

次回は、「リピータメーカー」の見せ方を考えていきます。続きを読む
posted by えびす at 23:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。