2005年05月29日

SEOコンテスト:ゴッゴルと叫ぶ?という本

ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ? という本が出版されました。

昨年の10月にゴッゴルのロゴを作ってみよう。というエントリーをしてSEOコンテストに気持ちだけ参加しました。この時に作った画像ロゴが、この本に掲載されたらしいので、さっそく内容をチェック。

内容は、「第一回SEOコンテスト:ゴッゴル編」の立上げから終了までのエピソードや、上位入賞サイトのSEO手法、コンテストから得られたSEO対策のヒントが広く紹介されています。

ゴッゴルという言葉を使ったSEOコンテストの全体像がわかる本なので、参加者が読むと幸せになれそう。興味深かったのは、上位入賞サイトのSEO手法の紹介。詳しいSEO解説ではないですが、それぞれに基本戦略があって面白い。上位入賞者は本気度が違うなぁと感じましたよ。

コンテスト開催時に積極的に参加していた人、SEOコンテストの流れを知りたい人へお勧めの一冊であります。
posted by えびす at 18:40| Comment(26) | TrackBack(3) | 日々感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

私を買物に連れてって

買物をする人を観察することほど、アフィリエイトの勉強になることはない。友達に誘われたら、興味のない買物でも迷わずついていこう。


たまたま妹が服を見に行くというのでついていった。妹は3年ほど服の販売をしていたので、どのような選び方をするのか見たかったのだ。

素人が知らない特殊な選び方をするかもと観察していたのだけれど、なんてことはない普通の選び方であった。

1.気に入ったデザインの服を探す。
2.手にとって素材感を確認する。
3.タグで値段と素材を再確認する。

数件のお店を見て周り、最後に気に入った商品を購入する。
何回か、「これ、どう?」と聞かれた。

これだけである。

勘のいい人は、WEBで商品を探す手順と似ていると気付いたはず。「当たり前だ、同じ買物なんだから」と言ってしまえばそれまでだけれど、逆にいえばこういう行動ができないと服は買えないわけだ。

つまり、必要としている情報をちゃんと提示してあげないと買う気があっても素通りなんてことになりかねない。こうやって文章に書いてみると、販売するために何が必要なのかが自然と見えてくる。

机の上で何が必要なのかは考えられるし、きっと似たような答えになるのかもしれない。でも、頭で考えただけのことと、体験(今回は人を通して)で得た答えでは、明らかに自分の中に残るものが違ってくる。どんな情報が重要なのか体験を通して知ることで、上手な販売ページが作れるようになるはず。

ということで、買物に誘われたら迷わずついていきましょう。


※お店の店員さんの売り込みも勉強になります。恐れず、どんどん売り込まれてください。
posted by えびす at 02:49| Comment(3) | TrackBack(0) | アフィリエイト入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。